【離婚後の戸籍】 離婚・不倫相談 京都 離婚協議書 女性行政書士による女性のための離婚相談所

京都離婚相談所

    離婚後の戸籍
離婚届を出せば、結婚時に姓を変えたほうが籍を抜けることになります。

離婚して籍を抜けても、婚姻中の姓を名乗り続けることができます。

その場合、離婚届の「婚姻前の氏にもどる者の本籍」を空欄のまま何も記入せず、「離婚の際に称していた氏を称する届」を別に提出します。

この場合、もとの戸籍にもどることはできません。離婚後3ヵ月以内まで提出可能です。

籍を抜けるほうの親が、子供を自分と同じ籍に移す場合は、離婚届には「もとの戸籍にもどる」のか「新しい戸籍をつくる」のかチェック項目が2つありますが、「新しい戸籍をつくる」を選んでください。

さらに、子供の姓や戸籍を変更する別の手続きが必要になります。

はじめに、家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出します。

提出時には
  ①子供の現在の戸籍謄本
  ②転籍先の戸籍謄本
  ③収入印紙800円分
  ④郵便切手(金額は各家庭裁判所により違います。提出先の家庭裁判所
   に確認)
を添付します。

申立書提出から1週間~10日ほどで、変更を許可する審判書の謄本が郵送されてきます。

つぎに、市区町村役所に「入籍届」を提出します。提出時には
  ①審判書の謄本
  ②自分の印鑑
  ③転籍先以外の役所への提出の場合は転籍先の戸籍謄本 
を持参します。

ここまでの手続きで完了です。

≪前へ    次へ≫

 離婚について
 不倫について
離婚情報
協議離婚 ・調停離婚 ・審判離婚 ・裁判離婚 ・法定離婚原因 ・離婚届 ・親権者 ・監護権者 ・親権者(監護権者)の変更
養育費 ・養育費の変更 ・面接交渉権 ・慰謝料 ・不倫問題 ・離婚協議書 ・婚姻費用 ・離婚後の戸籍 ・離婚時の年金分割
子ども手当 ・児童扶養手当 ・離婚後の手続き
  © 2010 はゆか法務行政書士事務所 all rights reserved お問い合せ HOME