【法定離婚原因】 離婚・不倫相談 京都 離婚協議書 女性行政書士による女性のための離婚相談所

京都離婚相談所

    法定離婚原因
裁判で離婚を認めるには、民法770条1項で定める離婚原因が必要になります。

法定離婚原因は次の5つになります。このうちの1つか複数に当てはまると認められた場合に離婚が成立します。

       ①配偶者に不貞行為があったとき
       ②配偶者から悪意で遺棄されたとき
       ③配偶者の生死が3年以上わからないとき
       ④配偶者が回復の見込みのない強度の精神病のとき
       ⑤その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

≪前へ    次へ≫

 離婚について
 不倫について
離婚情報
協議離婚 ・調停離婚 ・審判離婚 ・裁判離婚 ・法定離婚原因 ・離婚届 ・親権者 ・監護権者 ・親権者(監護権者)の変更
養育費 ・養育費の変更 ・面接交渉権 ・慰謝料 ・不倫問題 ・離婚協議書 ・婚姻費用 ・離婚後の戸籍 ・離婚時の年金分割
子ども手当 ・児童扶養手当 ・離婚後の手続き
  © 2010 はゆか法務行政書士事務所 all rights reserved お問い合せ HOME