【裁判離婚】 離婚・不倫相談 京都 離婚協議書 女性行政書士による女性のための離婚相談所

京都離婚相談所

    裁判離婚
調停や審判によっても離婚が成立せず、それでも離婚を望む場合の最終手段となります。

法定の離婚原因に基づいて夫婦の一方から他方に対して離婚の訴えを起こし、判決により離婚することになります。

裁判離婚では法定離婚原因が必要になります。

また、裁判離婚の途中で裁判官が和解を勧告することがあり、双方が納得し和解調書に合意内容が記載されたときに離婚が成立します。
≪前へ    次へ≫

 離婚について
 不倫について
離婚情報
協議離婚 ・調停離婚 ・審判離婚 ・裁判離婚 ・法定離婚原因 ・離婚届 ・親権者 ・監護権者 ・親権者(監護権者)の変更
養育費 ・養育費の変更 ・面接交渉権 ・慰謝料 ・不倫問題 ・離婚協議書 ・婚姻費用 ・離婚後の戸籍 ・離婚時の年金分割
子ども手当 ・児童扶養手当 ・離婚後の手続き
  © 2010 はゆか法務行政書士事務所 all rights reserved お問い合せ HOME